【GSダブル】ゼルネレックwithゴツメドーブル+おまけ【スペレS15、16レート1900】


 こんにちは、ごちうさラジオとアニメの再放送が始まって息を吹き返したハクレイです。あとあまんちゅも始まりましたね。皆さん見ましょう。
 スペレシーズン15後半(JCS後)とシーズン16は潜っていて非常に大変なシーズンでした。問題は何と言っても過疎。特に日本人が減ったであろうこともあり、VGCルールにあるまじき「対戦相手が見つかりません」さんとの連続マッチング。当たってもレート差200は当たり前、1800後半で1440とかと当たることもしばしば。勝ってもレート+1、負けるとレート-32,33みたいなことが何回もあって(1回負けて)ずっと萎えながら潜ってました。これも全国PCL(ポケサーリーグ)で勝つためでしたが、自分が1勝2敗という不甲斐ない成績だったのもあり我々法ポケは予選敗退。温めていたこの構築も使わないままBigB(グラゼルネガルマンダタクンドーブル)をはじめとするドータクンの増えた環境に刺さらなくなっていたので公開します。これに伴ってPCL期間だけ一応非公開にしていたJCS使用構築も公開したので読んでない人は是非。
 タイトル詐欺っぽくて申し訳ないですがS15と16で1900行った構築は別のもので、S15とPCLで使ったPTはおまけとして簡単に書きます。今回の記事はS16のものメイン。

・使用PT

rayquaza-mega.gifxerneas-active.gifsmeargle.gif
clefairy.gif  thundurus.gif   amoonguss.gif

ゼルネレックPT

・戦績
ORASスペシャルレートシーズン16で数戦他の構築(記事最後に記載)も合わせて使用(ROM名Hot*Cocoa)
トータル104-38で最高レート1916、最終レート1904
勝率7割強、順位は10位~30位をさまよう程度

・構築経緯
 時は3月初め、横浜遠征して同じこがポケのポケひろとガールズ&パンツァー4DXを見に行った日にさかのぼる。PCL用の構築について話していた際に、1戦必勝のPCLで命中不安定技のある構築は絶対に使いたくないという思いから4強(グラカイゼルネレック)のうち全メインウェポンを命中100で組むことのできるゼルネレックを使おうという話に。その時SDで回していた構築はこんなの。
 m44.png716a.png642.png035.png479wosshu.png609.png
 m44.png716a.pngm32.png035.png479wosshu.png609.png
 見れば分かるが迷走している。命中安定がコンセプトなのでロトムはめざ水、シャンデラは放射採用。迷走している。そこそこ手ごたえはあったものの、圧倒的に足りない種族値の不安さからJCSなどで使うのは断念。最終形の方が種族値が低い?見間違いでしょう。
 しばらく放置していたものの、PCLシーズンということで掘り起こして再度検討。下手にサブアタッカーを作るよりこの2匹を徹底的にサポートする方が強いと考え、指+粉3枚体制に変更。最後に重いクロバットに対しての駒としてボルトロスを採用。
 m44.png716a.png235.png035.png642.png591.png
完成!伝説を通すことに完全に特化させたPTになった。某海外実況者の動画に出たときは見せ合いで笑いながら「うわめっちゃ怖い」みたいなこと言われた。その試合は初手神速バレット両急所で2匹失い2ターン目降参した。

・個別解説 ※実数値、調整は理想個体として記載。

m44.pngいのちのたま
レックウザ@いのちのたま
特性:エアロック→デルタストリーム
技:ガリョウテンセイ/だいちのちから/しんそく/まもる
メガ前実数値:180-202-99-171-110-161
メガ後実数値:180-232-108-201-120-183
努力値:A252 C4 S252
性格:せっかち

 伝説枠にしてPT唯一のメガ枠。ゼルネアスが暴れた後に圧倒的な数値の暴力で掃除する。掃除という役割上技を打ち分ける必要があったので持ち物は珠、神速の火力が欲しかったので調整はAS。性格については普段両刀ポケモンは先制技意識でD下降補正が多いが、基本的に先制技は指で吸うので物理耐久よりカイオーガの冷B、ゼルネアスのシャインを意識してB下降のせっかちに。
 技構成はメガシンカのために必要で最大火力のガリョウ、優先度+2で多くの削れた相手を縛れる神速、伝説+メガなので大事に扱うための守る、最後は伝説2枚が相性の悪い鋼タイプとグラードンへの打点として大地の力。大地はH振りメガクチートを81.3%で1発、無振りグラも高乱数といういい火力が出る。基本的にはゼルネがほとんど倒してくれるので神速を打っているだけで試合が終わるが、たまに初見殺しや事故でゼルネが序盤で落ちた時は1匹で指を引き連れて全抜きしたりもした。

716a.pngパワフルハーブ
ゼルネアス@パワフルハーブ
特性:フェアリーオーラ
技:ムーンフォース/ジオコントロール/マジカルシャイン/まもる
実数値:209-*-116-174-120-166
努力値:H60 B4 C180 D12 S252
性格:おくびょう
調整:B…A無補正252振りメガレックウザのガリョウテンセイ確定耐え
   D…C特化ゲンシグラードンのふんか(=スカーフカイオーガのしおふき)確定耐え

 209-*-116-348-240-332。このポケモンがジオコンを積んだ時の実数値である。こんな強いポケモン使わないわけがないしこいつが何回も動けたらそりゃ強いに決まってる。というわけでこの構築の最強の軸。初手から指で積極的に積みに行き、積んだ後も常に隣に指を置いて高火力で殴り続ける。勝ち。
 技と持ち物はテンプレ。調整は、最近控えめで耐久に振った個体が多い中での臆病CS。これはグラゼルネの控えめゼルネがミラーに積極的に出していかないのに対してこの構築が対ゼルネアスでもゼルネを初手から選出する必要があるため。ムンフォ2耐えなどでミラーに強くするものも多いが、ゼルネミラーは急所やCダウンで勝負が決まることも多々あるので、上から殴れる方がミラーに強いと判断した。

235.pngゴツゴツメット
ドーブル@ゴツゴツメット
特性:ムラっけ
技:ダークホール/トリックガード/このゆびとまれ/ニードルガード
実数値:142-*-76-*-65-139
努力値:H92 B176 S252
性格:おくびょう
調整:総合耐久最大かつ物理耐久最大

 VGC2016最大の癌。できることなら使いたくなかったが悔しいことに強いので嫌々採用。主に初手にゼルネと出してジオコンのサポートをする。持ち物のゴツメは最低限の仕事(主に襷潰し)のため。命中不安なのでダクホを通すのは最低限の仕事ではなくできればやる仕事。調整は挑発をもらったまま生き残ったりすることがないようにHBなどではなく最速のもの。特性はダクホを当てる命中や1発耐える耐久も特に必要なかったので相手をかき乱すムラっけ。
 ゴツメに関しては、言うまでもなく普段採用されない持ち物。ゼルドーミラーやライチュウゼルネなどでドーブルに猫を打ってくる相手の襷を潰したり、ゴツメ1回で無振りガルーラがダブルダメジオコンシャインで超高乱数になったり(ニドガも入ると確定)役に立つ場面はかなり多かった。ジャポも選択肢にあり、今回はほぼ猫で発動するので複数回発動を期待してゴツメだが正直好みの問題(ゴツメもジャポも好む人間がいるかは諸説)。ちなみにPGLでのゴツメ採用率は0.2%で、広角レンズなどの0.1%が存在することを考慮すると自分以外にもいる模様。
 技は相手に放置のリスクを与えるダクホ。相手も当然対策してくるので積極的に打つ技ではない。採用理由の指、初手両守る→指をするためのニドガ、電磁波やダクホ、威張る、草笛などを完封するトリックガード。キンシではなくニドガの理由としては、初手の変化技を防げないこと、そもそもガルーラなどはゼルネに攻撃を通させることなく上からワンパンできるのでAを下げる意味がないことなど。

035.pngしんかのきせき
ピッピ@しんかのきせき
特性:フレンドガード
技:このゆびとまれ/おさきにどうぞ/いやしのはどう/まもる
実数値:175-*-92-*-105-36(S個体値0)
努力値:H236 B188 D84
性格:なまいき
調整:B…A無補正252振りメガレックウザのガリョウテンセイ最高乱数以外耐え
   D…残り、C76振り(実数値231)ゲンシカイオーガのしおふき確定耐え(80.5 - 94.8%)
   S…最遅

 当ブログではワシボンに続く2匹目の進化前ポケモン。フレガと癒しの波動でゼルネに超耐久を付与する指役。後発の指役はバレルとの選択だが、ナットレイの技を吸えるのもありこちらを出すことが多かった。相手の後発から出てくるグラードンなどの超火力全体技持ちに対して指が機能しないが、フレガ込みで断崖が半分入らず、癒しの波動によって伝説へのダメージをほぼ0に抑えられる。また、ゼルネとの打ち合いでも回復できる分有利に立てた。
 技は先述のための2つ、S操作がほぼないこのPTのトリルへの薄さを補うお先、フレガとして場に残るための守る。手助けも欲しい場面がありお先と選択だが、トリル耐性があまりに低いのでこうなった。VGC2016のような圧倒的スペックのポケモンがいるような環境では特に光る強さだった。

642.pngきあいのタスキ
ボルトロス@きあいのタスキ
特性:いたずらごころ
技:10まんボルト/ちょうはつ/でんじは/まもる
実数値:155-*-90-177-100-179
努力値:H4 C252 S252
性格:おくびょう

 ほぼ対クロバット専用。このPTに確実に初手で出てくるので、初手でワンパンして被害を最小限に抑える。HSクロバットに対して10万で62.5%の1発で少し信用ならないが、ガルーラの捨て身を確定耐えするためにBSにしたものも少なからずいるので大体はワンパンできた。持ち物は火力強化ではなく対クロバとはいえ少しでも他(クロバの多いレックオーガ)に対する汎用性を上げるために襷。
 技は目的上10万、ゼルネミラーやクロバの追い風で調子に乗る相手を止める電磁波、ゼルネなどに打つ挑発、狙われやすいので守る。

591.pngメンタルハーブ
モロバレル@メンタルハーブ
特性:さいせいりょく
技:クリアスモッグ/いかりのこな/キノコのほうし/まもる
実数値:219-*-99-105-138-31(S個体値0)
努力値:H236 B68 D204
性格:なまいき
調整:B…A無補正252振りメガガルーラのすてみタックル確定耐え
   D…C無補正252振りゼルネアスの+2ムーンフォース超高乱数(93.4%)2耐え
   S…最遅

 前の記事でも登場したキノコ。こっちが本職。相手の初手がガルボルトなどの場合にメンハで強引に2回吸うことでゼルネを通す。実はゼルネと並んでGeneration Showdownの時から使っているVGC2016最古参でもある。やることはほぼ粉だが、たまに相手のゼルネにクリスモを打って止めたりもする。調整はHD基調で、対ゼルネアス意識。隣がレックウザだと臆病グラの無天候噴火を耐えたりもする。
 技はいつもの。クリスモはゼルネ意識だが、ごく稀にガリョウを打った味方のレックに打つこともある。

・選出
・いつもの
 先発235.png716a.png  後発035.png(591.png)m44.png
 ほとんどこれ。ドーブルの指でジオコンを積み、ピッピかバレルの指で攻撃を通し、レックで締める。時には指守るという無情な選択をすることも必要。
・対クロバット
 先発642.pngm44.png  後発035.png(591.png)716a.png
 クロバットを優先的に処理して、後発ゼルネで積んで勝つ。慣れていない時に何度もやって失敗したが、レックウザがメガシンカするとクロバが謎の乱気流に守られるせいで10万で落ちないため、メガのタイミングには注意が必要。
・対グラキュレム
 先発035.png716a.png  後発235.pngm44.png
 先発重力(ニャオかヤミラミ)+キュレム、後発エルフグラを想定。初手で凍らないように祈りながらジオコンを積み、2匹を突破後はドーブルのトリックガードで草笛を止めて倒しきる。1回止めればレックの神速で倒せる。

・まとめ
 コンセプト上ゼルネに親を殺されたPTに勝つのは難しいが、それ以外には文字通り数値の暴力で押し勝つことができた(初手マジックルームラティアスにやられた)。全体的にS操作に乏しいが、トリルにはピッピバレル、追い風にはPT全員が守るを持つことでどうにか対処した。例として、ジオコンターンに追い風をされても両守る→指→両守るでしのげるなど。タクンなど明確に詰む相手(吸いながらゴリ押せば最悪どうにかなるが)がいる以上PCLで使うわけにはいかないと思い使わなかったが、技外しの負けがないことでそこそこの勝率を出せた。質問などはTwitterまでお願いします。この構築はもう使うつもりはないですが、BigBとか使ってたまに潜ってるので当たった時はお手柔らかにお願いします。



・おまけ
 おまけとして、S15後半に使用して最高レート1919、PCLで1勝2敗だった構築も紹介しておきます。最初のほうに貼ったJCS使用構築のアレンジ版です。

グライベル

 ホウオウがイベルタルとファイアローに分裂しました。イベルタルを選出しなさすぎていざ出した時にプレミして負けたので悔しさしかないです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる