【4文字ダブル】爆破トリパ【こがポケ合宿大会使用構築】

 秋アニメでは魔法少女育成計画と3月のライオンを推していきます、ハクレイです。特にまほいくはかなり前からのファンな上に監督がごちうさの橋本監督ということで非常に楽しみにしてます。見ましょう。

 今回は所属する法ポケ小金井支部の夏合宿大会、4文字ダブルで使用した構築です。その名の通り、
・名前が4文字のポケモンのみ参加可能
・メガシンカ、過去作禁止の全国ダブル
のルールで行われた大会です。月1大会2連覇中、去年の合宿大会では準優勝だったので今回も気合を入れて臨みました(育成が間に合ったとは言ってない)。使用可能ポケモンの一覧はここから、環境考察はここを参照されたい。
 今回の構築は直前に行われたWCSで複数人で共同開発した構築が好成績を残したこともあり、ポケひろと共同開発することに。予選で当たるとかは一切考慮してなかったし実際当たらなかった。

・使用PT

smeargle.gif  snorlax.gif  sneasel.gif
azumarill.gif  marowak.gif  beheeyem.gif (gengar.gif)

カビゴンPT

※メンツは上5体は共通、最後の枠が原案(ポケひろ使用)ver.がオーベム、急造(ハクレイ使用)ver.がゲンガー。僕がオーベムを2体育成するのを忘れてたせい。
 持ち物は原案が()なし、ハクレイver.が()内。メンツ変更とメンハがサブROMにあったせい。
 技は原案が()なし、両者使用の実際ver.が()内。猫が遺伝だったことを忘れてたせい。
もしかしてガバガバなのでは…?

・戦績
こがポケ合宿大会(24人参加)で使用(大会詳細はこちら)
ハクレイが予選4-1、決勝トナメ1-1で準優勝

・構築経緯
 ポケひろとの考察通話で環境を考察。単純な高種族値を使っても面白くないので面白いギミックを考えていたところ、ヤミラミカビゴンの猫太鼓→フェイントイバン自爆のギミックを採用。
302.png143.png
 自爆ギミックが決まった後の締めの展開として、滅びorトリルを検討。どちらの展開も可能でトリル下で強いガラガラを採用。滅び展開は自爆、滅びともにゴーストタイプが重く難しいと判断し、トリル展開に決定。滅びの線が消えたが優秀なガラガラは続投。トリル役はある程度火力がありテレパシー持ちのオーベムに。
302.png143.png105.png606.png
 ここで、カビゴンの隣が自爆で生き残る必要がなくなったため(?)、ヤミラミからよりサポート力の高いドーブルに変更。
235.png143.png105.png606.png
 自爆がゲンガーをはじめとするゴースト勢に無効化されるため、そこに強いニューラを採用。カビゴンと相性のいい猫フェイント使いでもある。ヤミラミにもかなり弱いため、トリルでも動けるラムマリルリが最後に入ってきた。
235.png143.png105.png606.png215.png184.png
 完成!構築名は当初「爆破スイッチ」だったが、明らかに別の意味になったのでトリパに落ち着いた。

・個別解説

235.pngメンタルハーブ(ひかりのこな)
ドーブル@メンタルハーブ(ひかりのこな)
特性:テクニシャン
技:ねこだまし/フェイント/このゆびとまれ/ダークホール
実数値:139-40-78-*-66-139
努力値:H72 B180 D4 S252
性格:ようき


 ギミック使うときによくお世話になるやつ。今回はカビゴンに確実に太鼓を決めさせつつ一緒に退場する役割。持ち物は襷で生き残る必要もなくヤミラミなどの挑発に強くなれるメンハ。自分が使用した際はサブROMのBigBのドーブルが持ったままで送る時間がなかったため、ワンチャン自爆も挑発も避ければいいやろーwwwwとか言いながら光の粉を採用。どっちを持ってても発動しなかった。
 技はこの4つのほかにトリックガードやワイドガード、ファストガードを考えたがこれで落ち着いた。ダクホは(少なくとも自分は)もともと後輩に打つつもりはなかったので使用せず。というより必要な場面は特になかった。

143.pngイバンのみ
カビゴン@イバンのみ
特性:くいしんぼう
技:じばく/はらだいこ/かみくだく/まもる
実数値:236-178-117-*-130-31(S個体値0)
努力値:H4 A252 B252
性格:ゆうかん


 このPTの軸となる爆弾。腹太鼓自爆はダブルダメージでH振りメタグロスやHBツボツボとガードシェアしたハピナスを確定で倒すほどのキチガイじみた圧倒的な火力を誇る。隣のサポートで叩いて爆ぜるのが仕事だが、耐久が高いので普通に噛み砕くなどで居座ることも。噛み砕くも太鼓後は今大会の主要ポケモンを一撃で倒す火力はあった。
 特性、持ち物はギミックのためにこれで固定。調整は色々考えたがめぼしい調整先もいなかったためABに。マリルリの太鼓アクジェ程度は耐える。技に関しては太鼓自爆は確定、サブウェポンとして通りのいい噛み砕くを選択。ヘビーボンバーも候補だったが、3犬などへの打点を考えこちらに。守るの枠は恩返しやのしかかりでもよかった。

215.pngきあいのタスキ(いのちのたま)
ニューラ@きあいのタスキ(いのちのたま)
特性:せいしんりょく
技:はたきおとす/フェイント/けたぐり/ねこだまし
実数値:131-147-75-*-95-183
努力値:H4 A252 S252
性格:ようき


 ゴーストへの圧力枠。今大会最速かつ猫フェイント、通りのいいはたきおとす持ちということで入ってきた。ドーブルの代わりにカビゴンの隣で爆発に巻き込まれる役になる可能性はあったが、猫が遺伝技だということを忘れており展開役になれないという事故により2人とも1回も選出しない悲しみのベンチウォーマーに。

105.pngふといホネ
ガラガラ@ふといホネ
特性:ひらいしん
技:いわなだれ/はたきおとす/じしん/みきり
実数値:167-145-131-*-100-45(S個体値0)
努力値:H252 A252 B4
性格:ゆうかん


 当ブログ2回目の登場。今回はトリルエース枠。オーベムの重力からGRESする予定だった。マリルリの鉢巻アクジェを耐える程度の耐久はあるので、先制技を耐えながら爆発後に残った2匹を倒してくれた。
 技はよくあるやつ。はたきおとすは対ゴーストに。元々は滅び役も兼ねていたが、構築経緯に書いたような事情で純粋なトリルアタッカーになった。

184.pngラムのみ
マリルリ@ラムのみ
特性:ちからもち
技:アクアジェット/はたきおとす/じゃれつく/まもる
実数値:207-103-100-*-106-73
努力値:H252 A188 D44 S24
性格:いじっぱり
調整:HD…C252ゲンガーのヘドロばくだん確定耐え
   S…同族意識の女々しい素早さ


 今大会圧倒的KPトップ。対ゴースト枠として太鼓型ではなく状態異常に強いラムで採用。ヤミラミを鬼火を受けながら倒したり、ゲンガーの攻撃を耐えて毒もケアしながら倒す動きをイメージした。ただ基本選出がドーブルカビゴン+トリラーガラガラだったため、ほとんど選出されなかった。初戦で選出したら負けたのでそれ以降1回も選出しなかった。

606.pngオボンのみ
オーベム@オボンのみ
特性:テレパシー
技:サイコキネシス/トリックルーム/じゅうりょく/サイドチェンジ
実数値:181-*-127-160-116-40(S個体値0)
努力値:H244 B252 C4 D4
性格:れいせい


GRESといえばこいつとムシャーナだが、今回はムシャーナを使うとなぜか失格らしいのでこっちを採用。爆発後か爆発のタイミングに投げてトリルを展開していく。調整はある程度火力を確保したままニューラやゲンガーなどの攻撃を耐えるために冷静HBに。Hぶっぱじゃないのは僕が奇数教のため。
 技はトリル重力とメインウェポンのサイキネ、何より意表が付けるサイチェン。ピンク一色。イバンで噛み砕くを打った後にサイチェン自爆を決めたかった。ポケひろ曰く「結構決まった」とのこと。
 ここまで書いておいてなんだが当日あわてて作ったため自分が2匹分作るのを忘れるという致命的なミスにより自分は↓のゲンガーに変更したためあんまり書けない。

094.pngきあいのタスキ
ゲンガー@きあいのタスキ
特性:ふゆう
技:シャドーボール/トリックルーム/ヘドロばくだん/ちょうはつ
実数値:135-*-82-199-95-162
努力値:B12 C244 S252
性格:ひかえめ


 急遽参戦したピンチヒッター。とはいえ自爆地震無効のトリラーとして元々オーベムの枠の候補ではあったのですんなり入ってきた。本当は使うなら冷静HCだったが持っていなかったため手持ちで一番遅かった全国ダブルで使っていた控えめ個体を連れてくることに。あまりに耐久がないのでニューラから襷を譲ってもらっての運用。なんやかんや火力も高くトリルが読まれないのもあり使いやすかった。

・まとめ
 2人で組んだ構築だったが、2人ともほぼ想定通りの動きができて満足だった。太鼓自爆が決まらなかったのも決勝戦だけで、決勝ではルカリオの眼鏡しんくうはになすすべもなく敗れ去った。初手猫太鼓、2T指自爆、3Tゲンガーのトリルという初見殺しオンパレードなので相手の反応を見るのが面白かった(なお2年以上はダブルトリプル勢のため大体バレていた模様)。考えをシェアする経験はなかなか面白かったので、これ以降もガチ構築、ネタ構築ともに人の意見も取り入れてみたい。
スポンサーサイト

【解答編】こがポケ納会大会

 ハクレイです。シャドバやったりシンフォギア見てたりしたら解答書くの忘れてました。

映像芸術

第1問
今からバトル中の動画をお見せします。
隠れているポケモン(NN:ジ・O)がどのポケモンかお答えください。


第2問
今からバトル中の動画をお見せします。
技「にらみつける」を使用したドーブルのNN(ニックネーム)をお答えください。













第3問
省略。ちなみに答えは③でした。

国語
以下の下線部を正しく漢字で書け。

第4問
ポケモンレンジャーとうみの王子マナフィ
第5問
ギラティナとそらの花束シェイミ
第6問
リングの超魔神フーパ
第7問
金髪ツインテールはあまのじゃくな性格であることが多い。
第8問
近松少佐は思うままにすべての部下をいかくした。兵卒は無い力まで搾って遮二無二にロシア人をめがけて突撃した。<黒島伝治「橇」 青空文庫 より引用>
こがポケはアニポケ見てないじょうよわが多かったので前3つすらまともにできてませんでした。

地理
以下は、ポケモンORASにおけるタウンマップである。各問いに当てはまる地名を、下の選択肢群の中から選べ。

地理

選択肢群
①マグマのちてい ②ほのおのだいち ③ほのおのぬけみち
④おくりびやま ⑤えんとつやま ⑥ともしびやま
⑦いわのよこあな ⑧デコボコさんどう ⑨ひでりのいわと


生物
第12問
以下の技をカロスマーク付きで全て覚えるポケモンを答えよ。なお、最終進化形態に限り、ドーブルは除くものとする。
おいうち/ふいうち/ステルスロック/ダストシュート


第13問
以下の技をカロスマーク付きで全て覚えるポケモンを答えよ。なお、最終進化形態に限り、ドーブルは除くものとする。
たがやす/カウンター/ワイドガード/じしん

12問はシングル勢向け、13問はダブル、トリプル勢向け。

第14問
現在判明しているキテルグマのとくせいを全て答えよ。


第15問
現時点でマギアナのみが覚えられるとされるわざを答えよ。


総合的な学習の時間

第16問
トリプルバトルで中央のポケモンがダークホールを使用したとき、使用された側に小さくなるを1回積んだポケモンが1匹だけいた場合にダークホールが3匹すべてに当たる確率を答えよ。なお、ダークホールを使用したポケモンの命中率は±0であり、特性はノーガードではないとする。
① 10.7%
② 20.7%
③ 30.7%
④ 40.7%


第17問
以下のわざ「おいうち」に関する仕様のうち、誤っているものを選べ。ここでいう「成功する」は「おいうち」が交代直前のポケモンに威力が上がった状態で当たることである。
① ダブル、トリプルバトルにおいては、誰を技の対象に選んでいようと最初に交代したポケモンに「おいうち」が成功する。
② もちもの「だっしゅつボタン」を持ったポケモンの交代時に「おいうち」を打つと、「だっしゅつボタン」の効果によってポケモンが交代される。
③ 交代するポケモンに対しての「おいうち」は命中率、回避率等に関係なく必ず命中する。
④ 技「バトンタッチ」による交代に対しては「おいうち」は成功しない。


第18問
TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」1話初回放送のエンドカード、漫画「ご注文はうさぎですか?アンソロジーコミック(2) 」表紙などで知られるイラストレーターの名前を答えよ。


第19問
2016年7月19日発売のまんがタイムきららMAXの表紙は1年1か月ぶりに「きんいろモザイク」だったが、これは累計何回目の表紙であったか。


第20問
TVアニメ「魔法少女リリカルなのはA’s」において、グラーフアイゼン、レヴァンティンの声優を務める人物は誰か。なお、グラーフアイゼン、レヴァンティンはドイツ語を話す。



配点は前記事の問題に書いてあるので自己採点してみください。現時点で単位取得者はこがポケではいませんが多摩のしわしわくんが見事66点を獲得しています。
それではノシ

【GSダブル】VGC2016で使った構築まとめ・前編

 ハクレイです。実家にいて暇で書くだけなので割と適当です。
 今回はVGC2016で使った構築を色々書いていくだけの記事になります。色んな発想で散々謎の構築作ったのでせっかくだし記録に残しておくかー的発想です。使用時期が書いて無い構築はだいたいがSDでしか使ってない構築ですが、時系列順なのでなんとなく察してください。

①グラワタゼルネ(Generation Showdown使用)

GeSグラゼルネ

 VGCルール発表前のインターネット大会、Generation Showdownで使用した構築。とりあえずグラゼルネが強いという前評判に加えてこの2匹にワタッコのサポートが強いと確信して作った。大会の結果は20-7であまり奮わなかった。感想としてはなんとなくで入れたギルガルドを全く選出せず、明らかに腐っていたという印象。あまり覚えていないがこのルールで組んだ最初の構築ということで。並びだけならシニア優勝構築と似てるし先見性あったのではサブROMではHDレッドカードモロバレル入りのレックオーガを使用したがあまりに印象が薄くてそれ以外のメンツも思い出せない。

②グラパルキア(1月あんぐらオフ使用)

グラパルキアPT

 ルール発表後のSD、1月のあんぐらオフで使用した構築。4thGSのサルキアの並びの再現、メガ前のレックウザに対して守るに合わせて身代わりを貼って倒す動きをイメージして最速身代わりパルキアを採用してみた。特性はレックに守らせるためのプレッシャー。SDではそこそこ勝てたがオフではゼルネアスにフルボッコにされたあげくパルキアの技が当たらず惨敗(戦績はひどすぎて忘れた)。当時ちょうどAaron氏がトリルグラパルキアで話題になったこともあってか、特性順を見てなお襷じゃないレックが普通に動いて来たり、トリル警戒で挑発を打たれて「身代わりが使えなかった!」で気まずくなる事件が多発した。
 もう1つのワンポイント(ツーポイント?)は当時流行りかけていたホウオウや、ゼルネアスのジオコンに対して刺さるがんせきふうじガルーラ。思いついたときは天才かと思ったが、結局S±0のジオコンゼルネに上から高打点が持てるのがガルーラだけであり、プレイングのせいもあり思いのほかつよくなかった。

③ディアオーガ(INC January、March使用)

ディアオーガPT

 表作ってて気付いたけどメンハとしろいハーブ見分けつきにくいっすね…前の構築のバレルがメンハでこの構築のディアルガがしろいハーブです。ディアルガ気に入ったシリーズその①。グラパルキアで勝てずに真逆の構築を組んでやるとあんぐら後に数人でやった反省会で宣言して組んだ構築。ディアルガが強いと感じていたが、4thGSに多かった竜波、放射という構成に火力不足を感じてオバヒでクチートをワンパンしたあとにまだ殴れるなどの立ち回りが可能になる白いハーブを採用。ディアルガは最遅のためにプレッシャー。このPTに出てきやすいボーマンダなどに強くさらにS操作のおかげで先発として優秀だったが、持ち物のせいでマンダに先発で出したくないという本末転倒なことになっていた。
 INCでは最終日に8連勝で1751まで行った後に4連敗して心が折れた。この構築で(ガルアロー先発の際)使った「先発で追い風展開してから追い風最終ターンにトリルで締める」という立ち回りを個人的に気に入って後の構築に多用している。また、ここから「S操作のできる先発伝説と締めのグラカイ」スタイルに目覚める。

④非メガレックオーガ

追い風レックオーガPT

 前の構築で気に入った展開パターンをレックオーガでできないかと試作したPT。見た目だけはめっちゃ強そうだったが、2ウェポン&基本的にメガシンカしない&火力アイテムも持っていないレックウザが禁伝とは思えないぐらいにはあまりにも弱くすぐに解散した。

⑤ギラオーガ

ギラオーガPT

なんか強いんじゃないかと思って組んでみたら意味が分からないぐらい弱かったです。終わり。

⑥ディアレック

ディアレックPT

 ディアルガ気に入ったシリーズその②。眼鏡ディアルガが使いたくなり、クロバットの追い風サポートから霧流星連打でイージーウィンしようと組んだ構築。テレパシーディアルガと相性のいい霊獣ランドを使ってみて、この組み合わせが気に入ってしまったことで↓のさらにヤバそうな構築に行き着く。この構築は実機でも回したが、6世代では特にディアルガにトリルのイメージが強いおかげか、挑発などを受けている間に相手のPTを破壊していることが多かった。

⑦爆発ディアオーガ

爆発ディアオーガPT

 ディアルガ気に入ったシリーズその③。1月ころにSDでこの構築のオンバーンだけ違うPTと当たって負けたので面白そうだと思って組み、試行錯誤して4月ごろにこの形になった。作って数戦で6匹被りの相手と当たってお互いに「lol」って言ってた。勝った。冗談のように見える構築だが冗談みたいに強く、爆発のおかげで守るを誘発しやすいのもあってアグレッシブに立ち回れた。先発ゼルネドーブルのゴーリに猫+ジオコンの動きに合わせて精神力身代わりが決まり爆発がきれいに通る試合が多く楽しかった。



 書きたい構築はものすごくありますが必死に厳選して14個まで絞りました。続きは後編で。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる