FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トリプル】第1,2回こがポケトリプル診断メーカー大会使用構築

 こんにちは、ハクレイです。この記事を書くことでダブル記事数<ダブル以外記事数となることに恐れを感じつつの更新。

 今回は僕が所属する法政ポケモンだいすきクラブ小金井支部、略してこがポケ内で行われた自分主催の第1回第2回こがポケトリプル診断メーカー大会で使用した構築について簡単に書きます。

第1回

・PT一覧
診断トリプルPT

・使用PT
medicham-mega.gifprobopass.gif  hitmonchan.gif
hitmontop.gif  rufflet.gif  entei-shiny.gif

第1回診断PT
一番見やすい表を模索中で毎回スタイルが違う奴

・戦績
 予選4-1で2位抜け、決勝トーナメント1回戦せーさんに負けてベスト8

・個別解説
チャーレム ようきAS
 メガ枠。PT全体で火力が足りないので猫などは採用せず純粋に殴る型を採用。火力は期待通りだったがメガ枠同士の相性が全体的に悪すぎたのでコンセプト上終盤の締めに使った。
ダイノーズ おだやかHD
 ギルガルド枠(ワイガするとは言っていない)。全体技使いが全体で少なく感じたのでワイガは採用せず最後に相手を詰ませるような鉄壁毒眠る型に。ガルドのシャドボ確4の硬さは相当だったが、予定通り詰ませる動きはできなかった。
エビワラー いじっぱりAS
 猫枠(猫するとは言っていない)。中速が多くボーマンダなどの高速高火力に勝てないと感じたのでスカーフで不意を衝いて処理してもらう。エンテイのサポートもできるように晴れ搭載。ほぼ晴れしか打ってない。
ワシボン いじっぱりHA
 S操作枠。進化しろよ。こちらのSサポートの追い風と相手のトリルや積みを阻止する吹き飛ばしを両搭載。はりきりブレバはH振りサナを確定で持っていく火力があり、今大会でもちょうど倍の種族値を持つ(ワシボンの合計種族値は350)削れたメガラティアスを倒した。調整のためのレートでは武神に打って外した。
カポエラー いじっぱりHas
 威嚇枠。唯一まともなトリプルっぽい枠でもある。猫枠でもガルド枠でもないのに他のサポート枠と違い猫ワイガを持ってなおかつちゃんと本来の仕事をする。改めて強さを確認できた。
エンテイ ひかえめCS
 自由枠。PT全体が物理に寄りすぎなのと威嚇枠の存在から噴火型に。そこからHGSSを起動してID調整、焼けた塔乱数をしてようやく手に入ったこだわりのひかえめ色6V。基本的に単体技しかないポケモンしかおらずワイガがされないこともあり晴れ木炭噴火は強く、メイン火力として十分な働きを見せた。

・全体解説
 自分のPTを確認してまず抱いた感想は「なんで猫格闘3枚いるんだ…」。全体を確認した時点で噴火エンテイにすることはほぼ決めていた。基本選出はエビエンテイカポでの猫晴れ噴火で、エビのスカーフのおかげで噴火の前に晴らせるのがtuyo。トナメ1回戦は最後の択を通せず負けて悔しい思いをしたが、全体で低めの種族値で予選抜けできたこともあり自分としては満足のいくPTになったため楽しかった。



第2回

・PT一覧
診断トリプルPT2

・使用PT
camerupt-mega.gif  cobalion.gif  weavile-f.gif
sigilyph.gifstoutland.gifthundurus.gif

第2回診断PT

・戦績
 予選3-1で2位、今回は1位のみ+1人抜けだったためじゃんけんに回ったが負け

・個別解説
バクーダ ひかえめHC
 メガ枠。普通はトリルエース。今回はシンボラーがトリルを貼れるとはいえ他のメンツが高速で固まっていたため、トリルで使うことを断念。そこで、すなかきムーランドのお先から噴火を通すことで高速のポケモンを生かしたままバクーダを使うことを目指した。Sはメガ前62で麻痺した最速100族を抜く調整。ワイガが少なく通ると強かったが、バクーダを通すことにこだわったプレイングをしてしまい負けたため選択肢の1つとしてとらえるべきだった。
コバルオン おくびょうCS
 ギルガルド枠。ワイガどころか鋼要素すらない技構成である。今回はSの速さを生かして砂を起動して脱出する役を買って出た。というかこいつとバクーダしか砂嵐を覚えない。気合玉を全部当てる偉いやつだった。やっぱり借り物は自分のと違って自覚が違う。
マニューラ ようきAS
 猫枠。これも借りた。基本初手で猫打って即落ちていたが氷の通りもよかったのでもっと大事に扱うべきだったかもしれない。威嚇を入れられてからメガチルの追い風を急所で阻止した偉いやつだった。やっぱり借りも(ry
シンボラー おくびょうhCs
 S操作枠。追い風トリル両立できる数少ないやつ。今回はバクーダのところで触れたようにトリルは採用せず。いろめがねをバクーダに渡してとか考えていたが1回も成功しなかった。Sは今回3匹もいた最速霊獣ランドロス抜きで冷Bを採用してみたが、1回もランドと当たらず悲報だった。今回は追い風が裏目に出たことしかなく使いどころが悪かったがポテンシャルはあるはずなのでいつか使ってやりたい。
ムーランド いじっぱりhAs
 威嚇枠(威嚇するとは言っていない)。種族値がいい感じの犬。こいつのすなかきお先は前から注目していたので、この機会に使うことに。大会でも2回決まってなかなか爽快だった。Aが普通に高いのでアタッカーとしても十分優秀でワイガしてくるサワムラーを吹き飛ばしていた(パラスには2耐えされた)。メガラティ兄妹に上から打点を持つために噛み砕くを採用したが、例によって1回も当たらず。
化身ボルトロス おくびょうCS
 自由枠。今回も自由枠が準伝。トリプルはいつも大暴れさせているダブルより電磁波が使いにくい印象だったので、珠アタッカーとしての採用。フリフォはギミック始動のサポートで入れたが、普通に格闘への打点として使っていた。貴重な準伝だったがうまく活躍させてあげられず残念。

・全体解説
 今回は前回より合計種族値が1ワシボン高い全体2位の高種族値パになったため、対面構築的な動きを目指した。が、バクーダを生かそうとしたためにパーティパワーはそこまで落ちなかったものの変な動きをしてしまうことが多く、結果も種族値の割には中途半端になってしまった。トナメ出場をかけたじゃんけんに負けたのはもっと弱かった。



 今回はサークルの身内大会について書きました。診断トリプルにも、我々こがポケにも興味を持ってくれる人がいたら嬉しいです!
 それでは今回はここまでで。 ノシ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。